HomeMusic Web ShopZakka Web Shopカートを見るマイアカウントお問い合わせ
商品検索


Music
Zakka(別サイト)
Shop data
カートの中身

当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。
商品情報配信
Jazz Quintet 60 / The Last Call (Lost Jazz Files 1962 - 63)
UKはロンドンの『Jazzman』レーベルより、デンマークの伝説的モダン・ジャズ・バンド“Jazz Quintet 60”が解散直前の1962〜63年に吹き込んでいた幻の音源、ここに世界初音盤化!スタンダードからハード・バップ、そしてオリジナル曲まで、創造的で洗練されたアレンジと鮮烈なプレイが冴えわたる名演ばかり。60年代デンマーク・ジャズの輝きを知る秘宝級アルバム!!

1957年、イブ・グリンデマン・オーケストラ内の小編成コンボとして、トランペット奏者アラン・ボチンスキーが結成。翌年、ジャズ・クインテット58名義でEPをリリースしたのち、ジャズ・クインテット60に改名した。

「Montmartre」や「Vingaarden」といったコペンハーゲンのクラブで活動を続け、デンマークにおけるモダン・ジャズの発展に重要な役割を果たした彼ら。1962年、デンマークのMetronomeレーベルからセルフタイトルでファースト・アルバムをリリース。女性シンガー、ギッテ・ヘニングをフィーチュアしたスウェーデン・ツアーを成功させたのち、1963年にFontanaレーベルからセカンド・アルバム『Presenting Jazz Quintet 60』を発表して同年バンドは解散した。

アラン・ボチンスキーはアメリカで音楽を学びスタン・ゲッツやデクスター・ゴードンらと共演経験もあり。その他のメンバーも後にヨーロッパ屈指のジャズ・プレイヤーとなった猛者揃いだった。ピアノのベント・アクセンは50年代にジョニー・キャンベルのジャズ・オーケストラに在籍、後年エリック・ドーフィとも録音した凄腕。ベースはあのレイ・ブラウンも絶賛した若きニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセ。そしてドラムにビヨルネ・ロストヴォルド、テナー・サックスにニールス・フーサムという布陣で録音されている。

2016年初頭、デンマークの『Little Beat』レーベルがニールス・フーサムの保管していた未発表テープ群を発見、『Sonorama』に持ち込まれ最新マスタリングでのリリースが実現した。

LPジャケ/6面デジパックにはボチンスキー提供の秘蔵写真をふんだんに使用。

※ジャケット左下が多少角折れしております。ご了承くださいませ。







A1: Around ¾ Time
A2: One More Chant
A3: Daffy
A4: St. Vitus Dance
B1: Little Annie Fanny
B2: Buddah
B3: Baby Face
B4: Yake-De-Yak

(2017年3月24日発売)
型番 SONORAM-AL99
販売価格 2,700円(税込2,916円)
在庫数 残り1枚です
購入数