HomeMusic Web ShopZakka Web Shopカートを見るマイアカウントお問い合わせ
商品検索


Music
Zakka(別サイト)
Shop data
カートの中身

当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。
商品情報配信
Carl Craig / Versus (2LP/DLコード封入)
フランスはパリとリヨン、そしてドイツはベルリンを拠点とする『InFine』レーベルより、デトロイト・テクノ界の大御所“Carl Craig”がオーケストラとコラボし、自身の名曲群を蘇らせたアルバム『Versus』がリリース!

本作の発端となったのは、2008年にパリで行われたコンサートである。カール・クレイグとレ・シエクル・オーケストラとのコラボレーションで、カール・クレイグの名曲「Desire」「Dominas」「At Les」「Technology」「Darkness」「Sandstorms」、さらにはスティーヴ・ライヒの「City Life」やブルーノ・マントヴァーニ「Streets」がすべて交響曲として演奏され、2回のスタンディング・オベーションと4回のアンコールが起こるなど、賞賛を浴びた。

クラブ・カルチャーと伝統音楽の融合は今では真新しいことではないだろう。しかし、これほどまでに見事に二つが溶け合い、テクノの高揚感とオーケストラの壮大なサウンドスケープが、相乗的なシナジーを生み出しているのは、カール・クレイグの秀でた音楽性を証明している。

カール・クレイグのトラックをオーケストラ用に編曲したのは、クラシックとテクノの両シーンで活躍する天才ピアニスト、フランチェスコ・トリスターノである。トリスターノはこれまでにも、自身のアルバム『Not For Piano』でジェフ・ミルズやデリック・メイ、オウテカのピアノ・カバーを発表するなど、クラシックとダンス・ミュージックを繋ぐキー・パーソンとして活躍し、アルバム『Idiosynkrasia』のプロデュースを依頼するなど、カール・クレイグとも親交が深い。本作では、編曲の他、自身のオリジナル曲も2曲(「Barcelona Trist」「The Melody」)提供している。また2008年のコンサートで、フランチェスコ・トリスターノとともにステージに加わったモーリッツ・フォン・オズワルドもスピリチュアル・アドバイザーの肩書きで本作に貢献している。

『Versus』は、変形、再融合、再解釈のアプローチを通じて、カール・クレイグがまったく新しい表現方法を追求する意欲的なプロジェクトである。



A1: Darkness
A2: Sandstorms
B1: At Les
B2: Desire
C1: Barceloneta Trist
C2: Domina
D1: The Melody
D2: Technology

(2017年5月5日発売)
型番 IF-1042LP
販売価格 2,380円(税込2,570円)
在庫数 残り1枚です
購入数