HomeMusic Web ShopZakka Web Shopカートを見るマイアカウントお問い合わせ
商品検索


Music
Zakka(別サイト)
Shop data
カートの中身

当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。
商品情報配信
George Clanton / 100% Electronica (国内盤)
『100% Electronica』はGeorge Clantonが2015年に発表した1stアルバムであり、彼のレーベルの名前でもある。それ以前のチルウェイヴ最盛期には“Mirror Kisses”としてインターネット上を騒がせ、ヴェイパーウェイヴが形作られていったときには“Esprit 空想”の名前でまたインターネット上を騒がせた人物。そして本名での今作は、全方向からとびっっっきりに楽しく夢があるシンセポップだった。

それと前後してレーベルのも開始。アンビエントでありファンクであり、過去の大量消費カルチャーなイメージとともにどこまでも低ピッチで溺れていく“Esprit 空想”や、ティーンの頃から活動していた“Mirror Kisses”という彼自身の音楽をはじめ、トランス心で妖しく歌う“Negative Gemini”、『Mexican Summe』rからのアルバムも素晴らしかったカナダのサイケ兄弟“Tonstartssbandht”といった現在のアーティストはもちろん、このレーベルが支持されるもう1つの理由は、隠れた名盤を勇敢に、愛情をもって再発しているところ。おなじくヴェイパーウェイヴ方面から人気の“Surfing”や、そのヴェイパーの連中がこぞって聴き惚れスクリューし倒した“Software”の伝説的アンビエント「Digital-Dance」、やりたいから再発やったという元はRough Tradeから出たAOR/ニューウェイヴ都会盤“Microdisney” – 「Everybody Is Fantastic」など、本当に良いところを突いてくる。

そんなレーベルのオーナーによるアルバムがこれ。New OrderやTears For Fearsら80年代の影響ありつつ、100%のポップな感性を発揮して終始テンション上がりっぱなし。ヴェイパーウェイヴといえば既存の曲をサンプリングして作るところ、自身の作品である『100% Electronica』だけを素材にしたという“Esprit 空想”名義の新作『200% Electronica』にあわせてCD化。

※ボーナス・トラック9曲追加収録。100% Electronicaステッカー付き!




Track List
01: Never Late Again
02: Keep A Secret
03: Did I Flounder?
04: Purity
05: Wonder Gently
06: Bleed
07: Warmspot
08: It Makes The Babies Want To Cry
09: Innocence
10: Kill You In Bed
11: Make You Cry
12: Innocence (Alternate)
13: Kill You In Bed (Alternate)
14: Persuasion
15: Never Late Again (Alternate)
16: Did I Flounder? (Alternate)
17: Notice Me
18: Bleed (Alternate)
19: It Makes The Babies Want to Cry (China Remix)

(2017年11月19日発売)
型番 IPM-8080
販売価格 2,300円(税込2,484円)
在庫数 残り5枚です
購入数