HomeMusic Web ShopZakka Web Shopカートを見るマイアカウントお問い合わせ
商品検索


Music
Zakka(別サイト)
Shop data
カートの中身

当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。
商品情報配信
Pablo Juárez / Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros (国内盤)
兵庫県姫路市の新興レーベル『hummock』より、アルゼンチン・ロサリオ出身ピアニスト/作曲家“Pablo Juárez”(パブロ・フアレス)による、初の日本盤のための全曲書下ろし新曲、スタジオ録音 「ソロ ピアノ – 鳥たちの夜明け」がリリース!

ある朝、パブロ・フアレスとパラナ川沿いを散歩していると「あの向こう岸には様々な野鳥が住み、そんな自然界からのインスピレーションを音楽に表現する試みをしたい」と川を見つめながら「私の意志は編集なしでレコーディングすること、それはまるで鳥たちが歌うように滑らかに、自由に…」と心境を語ってくれた。

M-1「El Amanecer De Los Pájaros 」では夜明けの歓喜にわく鳥たちを表現。M-3「Vidala De Agua 」ではゆったりとした叙情詩を紡ぎ、M-7「Ventanas」ではパブロらしいメロディアスな旋律が胸をうつ。

【アルバムノート】
「ソロ ピアノ- 鳥たちの夜明け」は、私が住むサンタフェ州に流れるパラナ川河岸の風景と、そこで見られる鳥たちの様子からインスピレーションを得ています。鳥たちの歌声は、生き生きとした自然界からのメッセージであり、私たち人間が誕生する前から存在している地球上の生物は、人間もこの自然界の一部であるということを教えてくれています。鳥たちの歌声もまた、人生のシンプルさを秘めた偏見のない愛に満ちた歌であり、最も純粋な形で宇宙へ届けられるメッセージです。自由に歌う鳥は私たちがなぜここにいるのかを問いかけ、この旅路で全ての生物は兄弟であるという真実を思い出させてくれます。そんな自然の音をピアノで表現しようとこのアルバムの中で試みました。水の流れる音、朝日、輝く夕日、夜のとばり、月の下で息をするこの星の生き物たち。一つひとつの曲が、様々な風景や、私の心を動かす一瞬への賛辞になっています。
-- パブロ・フアレス 翻訳:Himi Minagawa



01: El Amanecer De Los Pájaros(鳥たちの夜明け)
02: Pasa El Río(川は流れ去る)
03: Vidala De Agua(水の合唱)
04: Sobre Lo Verde(緑について)
05: Esteros(沼地)
06: Caricias(愛撫)
07: Ventanas(窓辺の風景)
08: La Noche(夜〜暮色の組曲)
a - Azulnaranja
b- Azulceleste
c- Negrosilencio
09: Amanece(日の出)
10: Costa Alta(コスタ・アルタ)
11: Nina De Río “Guadalupe”(河の女の子 グァダルーペ)

(2018年10月5日発売)
型番 3hummock
販売価格 2,400円(税込2,592円)
在庫数 残り4枚です
購入数