HomeMusic Web ShopZakka Web Shopカートを見るマイアカウントお問い合わせ
商品検索


Music
Zakka(別サイト)
Shop data
カートの中身

当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。
商品情報配信
Yaeji / What We Drew (LP・限定Yellow Vinyl仕様)
2017年に「Yaeji」と「EP2」の2作品をデジタルのみでリリースし、これをきっかけにダンスミュージック界における最もエキサイティングなアーティストの1人として認知され、チャーリー・XCX やロビンなどのリミックスも手掛ける、韓国系アメリカ人の女性エレクトロニック・プロデューサー/DJ/ヴォーカリスト/トラックメイカーの“Yaeji”(イェジ)が『XL Recordings』と契約し初フィジカル作品をリリース!

英語とハングルの2ヶ国語で表記され「私たちが描いてきたもの」を意味するアルバム・タイトルには、このプロジェクト全体の精神が込められ“友人、家族、感謝と支え”を主なテーマとして、ブルックリンにある自身のデザイン/レコーディング・スタジオで、10代の頃に聴いていた韓国のインディーロックや、90年代後半から2000年代初期のヒップホップとR&Bといった幅広い領域のサウンドを取り入れ2年という歳月をかけて制作された。マスタリング・エンジニアは、坂本龍一やスロウダイヴ、ディア・ハンター、バトルス、そしてビョークなどの作品も手掛けるヘバ・カドリーが務め、イェジが活動するニューヨークシティのコミュニティーなどに属している新進気鋭のアーティストたちがゲストとして集っている。

東京のDJ/プロデューサー、ヨンヨンのほか、オークランド出身ブルックリン在住のラッパー、ナッピー・ニーナや、トロント出身のアジア系ドラァグ・アーティストのヴィクトリア・シン、ロンドンのプロデューサー、シャイ・ワンなどが参加。典型的なアニメのオープニングシーンにインスパイアされ、イェジ自身がキャラクターデザインとイラストレーションも手掛けたMVと共に先行で公開されたシングル「WHAT WE DREW』はDIYポップとアンダーグラウンド・クラブミュージックの狭間を行き来し、英語と韓国語で両方で歌われるリリックでは大人になることについての素朴な幸福感が表現されている。本アルバムはイェジのクリエイティブ・ヴィジョンと独学によるプロダクション作業によるものが大きいが、 結束の強い友人やコラボレーターたちのネットワークから得た要素をふんだんに取り入れた作品となっている。



A1: My Imagination
A2: What We Drew
A3: In Place
A4: When I Grow Up
A5: Money Can't Buy
A6: Free Interlude
A7: Spell
B1: Waking Up Down
B2: In The Mirror
B3: The Th1ng
B4: These Days
B5: Never Settling Down

(2020年7月17日発売)
型番 XL-1061LP
販売価格 2,300円(税込2,530円)
在庫数 残り1枚です
購入数